自宅用のマウスを新調しました。

購入したマウスは

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t 





です。


会社で先輩と後輩が使っていまして

ちょっと握らせてもらったら

いい感じに手にフィットするし、

相変わらずバッテリーの持ちは良いらしいし、(単3電池2本で3年)

なんか親指のところにボタンが1個増えてるし、

ってことで興味を持ったので購入してみました。


昔に比べてAmazonの価格も下がってきている、っていうのも購入の理由の1つです。 



ツヤ無しの塗装がちょっと高級感を感じられて好印象です。

↓今まで愛用してきたLogicoolの定番マウスM510との比較です。



マウスの大きさはほとんど変わりませんが、

M705t(右)の方が握りやすくて好みの形状をしています。



Amazonから届いてすぐに使い始め、今まで2週間ほど使用してみましたが、

良いマウスですね。これ。気に入りました。

気に入っているところと、ちょっと使いにくいと思ったところをちょっと書き出してみましょう。

気に入っているところ


  • 親指のボタンが便利
このマウスは親指を下に押し下げる方向にボタンがあります。
自分はこれをLogicoolのSetPointというソフトを使って
「Ctrl+W」というキー入力に割り当てています。
これにより、ブラウザでタブを閉じるのが親指の操作1つでできるので早いですし楽です。

それまではマウスジェスチャーを使っていたのですが、
「タブを閉じる」という動作はかなり頻繁に行うのでマウスジェスチャーですら面倒だったんですよね。

  • ホイールの品質が上がった
M510に比べてホイールが軽くなりました。
上下のホイールの軽さだけでなく、左右の軽さも向上しています。
ホイールの操作が軽快になりました。
自分はホイールの左右を
左「Ctrl+Shift+Tab」
右「Ctrl+Tab」

に設定しています。
これでブラウザのタブ移動が軽快になりました。(マウスジェスチャー使えよ)

あとホイールの下のボタンを押すことで、
 カチカチと動くのか、
 スイーッと転がるように動くのか、
を切り替えられるようになりました。
まぁスイーの方はたまにしか使わないんですけどね。

  • マウスの滑りが良くなった
新品のマウスだから滑りがいいだけなんじゃないの?
というふうにも思っているんですが、
とにかくM510に比べて気持よくスルスルと動かせるようになりました。

使いにくいところ


  • ホイールクリックがやりにくい
ホイールが軽くなったことがいいところでもあるんですが、
軽すぎてクリックをしようとするとホイールが左右に傾いてしまって、
ホイールの左右の入力が優先されてしまうことがあります。

意識して垂直に中指を下ろさなくてはいけません。。。
これはまぁ慣れなのかなぁ。



「使いにくいところ」は箇条書きのスタイルを取るまでもないですね。

トータルで考えたらかなり気に入っています。

良い買い物をしました。