新橋にある「罠」というジビエの焼肉屋に行ってきました。

友人に提案されるまで知らなかったジビエ料理というジャンル。



ジビエとは要は狩猟肉のことで、

このお店ではクマやシカ、キジなどの肉が食べることができました。


あとこの店舗に限っては店員さんが焼いてくれるので

焼き加減とかわからなくても安心です。





パクチーの効いたサラダと一緒に、

シカやらイノシシやらキジなどを食しました。


シカとイノシシは肉の弾力が感じられておいしかったです。

キジはまぁなんというか普通の鶏肉でした。(´・ω・`)



あとシカのユッケが非常に美味でした。ホントに美味かった。

お酒が進みます。(あまり飲めませんが)




ウズラとツクネを焼いているところです。

頭の形がはっきりとわかるのでなんか生々しいです。

気持ち悪いと思う人は食べにくいでしょうね。


一緒に焼かれているつくねは肉を食べてる感がすごくて美味しかったです。




少量の肉をお酒と一緒にちびちび食べる感じなのでワインと一緒に食べても良さそうです。

自分はビールばかりでしたが。


まとめ



焼肉食うぞーという気でくると少し物足りなさを覚えるかもしれませんが、

ちょっと変わったものを食べてみたいという感じで来るならいい感じのお店だと思います。


ただ・・・

狩猟肉ってもう少しパサパサしているものかと思っていたのですが、

ここで食べた肉はどれもジューシーだったんですよね。

「イノシシとか、実は意外とジューシーなんだな!」なんて思っていたら

目の前で店員さんが、焼く前の肉に油のような液体をふんだんにかけていました

うーむ、これはいかがなものだろうか。。。


なんかの機会があればまた来る・・・かなぁ。