走ってみた感じ


近所をぐるぐると走ってみました。



乗ってすぐに思ったこと。

「なにこれ安定しねぇwww」

この自転車、やたらとフラつきます。

ママチャリなどと比べてホイールベースが短いせいか、あんまり安定しません。

ちょっと慣れが必要かもです。


デザインは思った通り派手で良い感じでした。

この色の自転車はあまり見かけません。




それでは20㎞ほど走ってみて思いついた、

良いところ悪いところをちょっと挙げてみます。

【良いところ】
  • ストップ・アンド・ゴーが楽!
さすがは小径車です。
ゼロ発進でも軽い力でスッと前に出てくれます。
信号だらけの東京近郊を走るには良いですね。

  • 案外速い!
「小径車はたくさん漕がないとなかなか進まない」なんてよく言われますが
この自転車は思ったよりも進んでくれます。
平地で普通に漕いで20km/hくらいで、
オバちゃんが乗っているママチャリよりは速かったです。

  • 歩道を走りやすい!
車道を走るのが怖い場合は歩道を走るようにしているのですが、
小回りがきくので電柱や人をかわしやすいです。

  • ライディングポジションが簡単に変更できる!
折りたたみ自転車というだけあり、サドルの高さやハンドルの高さを簡単に調整できるので
そのときの気分でライディングポジションが変更できるのが良かったです。
行きは強めの前傾姿勢で、
帰りは座り乗りの姿勢で、、、なんてことが簡単にできます。

【悪いところ】
  • ふらふらする
前述のとおり、ママチャリなどに比べてフラフラします。

  • ギアがクロスすぎる
7段もギアがありますが、実際の走行では2~3段くらいの感覚です。
登りで1速、平坦で4速か7速、下りで7速。
そんな感じです。
7段変速を魅力に感じていたところもあるので、ちょっとガッカリです。
まぁ小径車なので仕方ないのかもしれません。

  • ハンドルを引くと前輪が浮きやすい
加速しようと立ち漕ぎをしてハンドルをグッと引くと簡単に前輪が浮いてしまいます。
ロードバイクだとこんなことないんですが・・・なんでですかね?
登り坂でバランスを崩してコケそうになりました。


とまぁこんな感じです。

小径車たるが故に多少のクセはあるものの、

買い物などの普段使いには申し分ない性能だと思いました。


これからDAHON route用の輪行袋を買って、

電車に積んで小旅行といった楽しみ方も実践してみたいです。